キーボーディスト、脱初心者を目指す

ピアノ、シンセサイザー、オルガンとか鍵盤楽器もろもろ。関係ない記事もたまにあるよ

【キーボードスタンド】 楽器・機材【Vol.〇〇】

【Vol.436】CLASSIC PRO KST40 ~コスパに優れた定番4本脚キーボードスタンド

2019/05/14

 今回はCLASSIC PROのキーボードスタンド・「KST40」をご紹介してみたいと思います。KSTシリーズといえば、音響機器通販で有名なサウンドハウスさんが取り扱っているものであり、コスパの高さから多くの支持を集めている定番モデルといった感じですね。

 

CLASSIC PRO KST40

 
 今回取り扱うKST40は4本脚のタイプのスタンドです。本ブログでも以前、KSTのX型スタンドを紹介しましたが、『スタンドは見た目的にも安定感が欲しい!』という人におすすめできる仕様となっています。 
 
 
 関連記事:「PLAYTECH KST10X/KST20X ~安くて軽くて安定!の定番キーボードスタンド
 
 
 

高さ調節について

 高さは、66~105cmの範囲内で12段階の調整が可能。
 
 実際の高さ調節は、脚の下にあるネジを締めて好みの高さに合わせていきます。4本脚なので当然4ヶ所行うことになりますね。
 
 
 締める箇所を1つでも間違えるとスタンドとして成立しなくなるので、ライブなどで持ち込む際は、事前に締める位置をマジックやビニールテープ等でマーキングしておくことがほぼ必須といっていいでしょう(もしくは高さ調節した上で車に積み込む。多少かさばることも)
 
 
 ライブのリハーサル中に『もうちょっと高い(低い)方がいいな』と感じて微調整することになった場合、鍵盤をいったん外して、スタンドを裏返しにして高さ調整し直すことになります。タイトな時間進行の現場だと貴重な時間を取られることになるので、そこちょっとだけ注意です。
 
 

 

サウンドハウスさんから提供されている公式動画

 

 

 

耐荷重について

 KST40の耐荷重は20kgまでとなっています。一般的なキーボードをセットするくらいだったら何ら問題はないですね。
 
 
 問題は88鍵本格ステージピアノを置く場合。昨今のステージピアノおよびライブにも持っていける電子ピアノの重量を記してみました↓

【現行モデル(2019年春現在)】
YAMAHA CP88  …18.6kg
KORG Grandstage  …20.0kg
Roland RD2000  …21.7kg
KAWAI MP11SE  …34kg
KAWAI MP7SE  …22.5kg
Nord Piano4  …18.5kg

YAMAHA P-45  …11.5kg
YAMAHA P-125  …11.8kg
KORG D1  …16kg
KORG SV1-88  …20.5kg

 
 上記は一部を除きいわゆる “新機種”であり、新品で購入した際に、店員さんに勧められたスタンドも同時購入しているケースもあるかと思います。問題は(多く出回っていると思われる)ちょっと昔のモデルですね。代表的なものをピックアップしてみました↓
 

【生産終了モデル】
YAMAHA CP4 STAGE  …17.5kg
YAMAHA CP40 STAGE  …16.3kg
YAMAHA CP50  …20.9kg

Roland RD-700NX  …25kg
Roland RD-300NX  …17.5kg
Roland RD-800  …21.7kg

 

 上記からは外しましたが、一部シンセサイザー(例:KORG KRONOSシリーズ、YAMAHA MOTIFシリーズ、Roland FA-08)の88鍵モデルも、ほぼ間違いなく20kgオーバーですので気を付けてください。
 
 
 一般に電子ピアノ/ステージピアノは時代が進むほど軽量化も進んでおり、昨今のものは昔に比べれば非常に軽量になりました。逆に昔のモデル(おおむね2000年代中盤以前)は20kgを超すものがゴロゴロあったわけであり、注意が必要ですね。
 
 
 ライブ使用前提で、オークション等で手に入れたデジタルピアノ用途のスタンドを探す際は、ピアノ本体重量をちゃんと把握しておいた方がいいですよ。
 
 
 

取り扱いについて

 KST40の本体重量は7kgと、運びやすさに関しては合格レベルといっていいでしょう。もちろん自宅の据え置き用として使っても問題ないですね。脚部は内側にたためるので割とコンパクトになります。車にも割と積みやすいと思いますよ。
 
 
 ちなみに2段鍵盤にするためのアタッチメント(アーム)は現時点で用意されていないようですね。

 

→ サウンドハウスで「CLASSIC PRO KST40」の価格をチェック

 

 

個人的しょかん

 4本脚キーボードスタンドは、足元が広々としているため様々なもの(ペダルとか曲順表とか)が置けるというメリットがありますね。手軽さで言えばX型スタンドの方が上というケースもあるかもしれませんが、4本脚スタンドならではの利点を重視したい方は候補に挙げていいと思います。
 
 
 何よりKSTシリーズは価格の割にそこそこしっかりした作りで、個人的にもお勧めできる内容となっています。全くのノーブランド品を選ぶよりは信頼できると思いますよ。 
 

仕様
■4足タイプキーボードスタンド
■幅:73~95cm
■奥行:32cm
■高さ調整:66~105cm(12段階)
■本体重量:約7kg
■耐荷重:20kgまで

 

関連記事および広告

関連記事および広告


-【キーボードスタンド】, 楽器・機材【Vol.〇〇】