キーボーディスト、脱初心者を目指す

ピアノ、シンセサイザー、オルガンとか鍵盤楽器もろもろ。関係ない記事もたまにあるよ

ピアノ ミュージアム/ギャラリー 日記

旭川にある「雪の美術館」行ってきた!(2017年2月) ~ピアノもあるでよ

2017/12/02

 先日真冬の旭川に旅行に行って来まして、その際市内の「雪の美術館」にも立ち寄ってみました。同施設がオープンしたのは1991年で、数年前の「アナ雪」ブームの際には日本中から観光客が押し寄せたみたいですね。
 
 そうです、この美術館はマスコミなどでも、『アナと雪の女王』の世界観に近くて氷のお城にいるような雰囲気が味わえるということで紹介され広く知られるようになりました。なお同施設はディズニーのそれとは直接関係ないです。
 
 
 撮影してきた写真と共に、簡単に見どころを紹介してみたいと思います。実は鍵盤もあったりします。
 
 

雪の美術館@旭川市

バス停を降りて少し国道を歩くと発見できます。少し小高い場所に位置しています。

 

雪の美術館@旭川市

ぺたんとした雪だるまが道案内

 

雪の美術館@旭川市

こちらが入口。ちなみに大人の入館料は650円でした。写真撮影OKとのことです。

 

雪の美術館@旭川市

 エントランスを抜けると、六角形のらせん階段を下っていきます。ちなみにこの六角形のデザインは雪の結晶をモチーフにしたものだそうです。

 

雪の美術館@旭川市

 階段を下ると噴水が見えてきます。なお粒のように見えるのは大量の硬貨(コイン)ですね。このような洋館に日本の硬貨は若干不釣り合いかもなので、ユーロ硬貨あたりが個人的にはお薦めです(笑)

 

雪の美術館@旭川市

 そして氷の回廊へと続きます。この巨大な氷柱は、特殊な形状のノズルで地下水を霧吹き状にして凍らせて作っているそうです。てっきり冬季だけなのかと思いきや、一年を通して鑑賞できるみたいですよ。氷室の中はマイナス15℃ということらしいですが、通路は10℃程度と思ったより寒くなかったです。ここは美しかったなぁ。。。

 

雪の美術館@旭川市

 そしてこちらが音楽堂! 白いステージと透明なガラス、そして群青の天井画がとても美しかったです。こちらで(1日一組限定の)結婚式も行われるそうですね。

 

雪の美術館@旭川市

 個人的な食いつきポイントはやはりピアノ!(笑)。白くて脚・ペダルのデザインが独特なグランドピアノです。

 

雪の美術館@旭川市

他のお客さんはほぼいなかったので、人物の写り込んでいない写真がいっぱい撮れました。

 

雪の美術館@旭川市

 

雪の美術館@旭川市

 

雪の美術館@旭川市

お姫様体験ができる貸衣装なんかもあるそうです。ジャコメッティが通せんぼしてます。

 

雪の美術館@旭川市

 こちらはスノークリスタルミュージアムという一角。新郎新婦の写真撮影時などに使われるそうです。

 

雪の美術館@旭川市

 オラフがいるのはご愛嬌(笑)。。他にも、美術館らしく雪の結晶に関する映像やパネル、研究者による学術資料なども展示されていました。
 
 
 

まとめ的な

 旭川の冬は寒さが厳しく、その寒さゆえに美しい雪が降り、凍てついた静謐(せいひつ)な世界が広がります。この施設を堪能したいのならば、ぜひ季節のいい夏ではなくて、テーマ通り雪に覆われた1~2月に行くことを個人的にはお勧めします。いや無茶苦茶寒かったんですけどね、無茶苦茶…
 
 なお掲載されている情報や写真については2017年2月現在のものです。詳しくはご自身で事前に確認した上でご利用ください。
 
 
 

施設情報

交通アクセス

※JR旭川駅近くから定期バスが運行しています。無料駐車場もあり(約100台)
 
 バス停「1条通7丁目停留所」(プレミアホテルCABIN手前付近)より乗車→ 乗車約15分→ バス停「高砂台入口」下車→ 徒歩約10分
 

開館日/開館時間

 年中無休(ただし12/30~1/4のみ休み)
 9:00~17:00
 

入館料

 大人:650円
 高校生:450円
 中学生:350円
 小学生:350円
 
 
 雪の美術館 <http://yukibi.marryblossom.com/>

関連記事および広告

関連記事および広告


-ピアノ, ミュージアム/ギャラリー, 日記