キーボーディスト、脱初心者を目指す

ピアノ、シンセサイザー、オルガンとか鍵盤楽器もろもろ。関係ない記事もたまにあるよ

1990年代' Roland 楽器・機材【Vol.〇〇】

【Vol.138】Roland R-8MKII ~リズムマシン「Rシリーズ」の最終形[1992年]

2018/07/01

 今回紹介する機材は、1992年にローランドから発売された「R-8MKII」というリズムマシン(ドラムマシン)です。本ブログでも以前紹介したR-8の後継機(グレードアップ・モデル)といったところですね。価格は108,000円でした。

 

Roland R-8MKII
 
 

R-8MKIIの概要

 ドラム・サンプルを贅沢にサンプリングしたPCM方式のリズム・マシン「R-8」を継承し、内蔵音色を68→200と大幅に増やしたコストパフォーマンスの高い本格モデル。
 

Roland R-8M(advertisement)
R-8MKII/ローランド(株) 雑誌広告より画像引用

 
 
 
 とはいえ拡張されたオンボード・サウンドのセットを除けば、基本仕様はR-8と変わっていませんね。デザインの変更も製品ロゴぐらいですし、外形寸法、重量に至っては全く同じです。本機の約半年前に発売された「R-70」で採用されたゴムパッドは影を潜め、R-8のプラスチック製パッドに戻っています。
 
 
 なお機能やスペックについてはここでは省略させて頂きますので、詳しく知りたい方は以下記事(R-8/R-5)をご参照ください。
 
 関連記事:「Roland R-8/R-5 ~ヒューマン・リズム・コンポーザー[1989~90年]
 
 
 

音色について

 大幅に増えた音色の出どころは、(別売りの)拡張カードの中から人気の音色をピックアップして移植したということらしいです。以下、200音色の内訳を見てみましょう。

キック系:33種類(K01~K33)
スネア系:42種類(S01~S42)
タム系:27種類(T01~T27)
ハット系:17種類(H01~H17)
シンバル系:10種類(Y01~Y10)
パーカッション:54種類(P01~P54)
その他:12種類(X01~X12)
ベース系:4種類(B01~B04)

 これに「REST(R01)」を加えた合計200音色となります。ベースが中途半端に入っているのが謎ですね。。
 
 
 

パターンおよびソングについて

 プリセット・パターンは32パターン用意されていて、使用する音色の設定などをメモリーできるプログラマブル・パターンは200パターンまで記憶可能です。ソングは10種類まで記憶可能であり、ドラマーのいないバンドにおいて、ライブでの使用といったこともあったかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

サウンド・ライブラリー(音色ROMカード)について

 ローランドの「Rシリーズ」向けに発売された音色ROMカードが全てそのまま使用できます。最終的なラインナップは以下でした(定価は当時各6,000円・税別)

SN-R8シリーズ
 
 SN-R8-01 Contemporary Percussion

 SN-R8-02 Jazz Brush
 SN-R8-03 Sound FX
  ※打楽器系を中心とした効果音集
 SN-R8-04 Electronic
  ※同社のTR-808(に似た)音がベースとなっているようです
 SN-R8-05 Jazz

 SN-R8-06 Ethnic Percussion
 SN-R8-07 Mallets
 SN-R8-08 Dry Drums
  ※その名の通りドライな音色が中心の生ドラム・セット
 SN-R8-09 Power Drums USA

 SN-R8-10 Dance
  ※同社のTR-909(に似た)音がベースとなっているようです
 SN-R8-11 Metallic Percussion/Cymbals

 
 前述したように、拡張カードの中から人気の音色を標準搭載してあるとのことで、拡張カードを購入してもいくつか音色が重複しそうですね。。なお本機に挿せる音色カードは1枚のみです。
 
 
 

つぶやき的な

 1989年から続いたローランドのリズム・マシン「Rシリーズ」も本機で(現在のところ)最後となっています。現代で言うところのフロア向けの「TRシリーズ」は近年復刻を果たしていますが、Rシリーズは生ドラム系がメインなので、今の時代にハード形態で新製品を出すのも厳しいかもしれませんね。。
 
 
 R-8MKIIは、「ローランドの最後期本格ドラム専用マシン」ということで、個人的な記憶にとどめておくことにします。
 
 
 
 関連記事(Roland リズムマシン Rシリーズ)
 「Roland R-8/R-5 ~ヒューマン・リズム・コンポーザー[1989~90年]
 「Roland R-8M ~1UモジュールになったR-8、でもちょっと違う[1990年]
 「Roland R-70 ~90年代ローランドの進化形リズムマシン[1992年]
 

仕様
■最大同時発音数:12音
■音色数:内蔵音源200種類、コピー音源26種類、外部音源(サウンドROMカード)最大26種類
■リズムパターン:
 プリセット・パターン:32パターン
 プログラマブル・パターン:200パターン
■ソング数:10ソング
■外形寸法:410(W)×70(H)×290(D)mm
■重量:3.1kg
■発売当初の価格:108,000円(税別)
■発売開始年:1992年

 

関連記事および広告

関連記事および広告


-1990年代', Roland, 楽器・機材【Vol.〇〇】