キーボーディスト、脱初心者を目指す

ピアノ、シンセサイザー、オルガンとか鍵盤楽器もろもろ。関係ない記事もたまにあるよ

CASIO 楽器・機材【Vol.〇〇】

【Vol.207】CASIO カシオトーン DM-100 ~ミニ鍵盤なのに2段鍵盤! しかもサンプラー付き[1988年]

2018/03/09

 今回紹介するキーボードは珍品ですよ! CASIOが1988年に発売した「カシオトーン DM-100」という機種です。当時の販売価格は49,800円でした。何が珍しいかというとこのDM-100、ミニ鍵盤採用の2段鍵盤仕様になっているのです。

 

CASIO DM-100

 

 80年代当時の2段鍵盤といえばいわゆる「エレクトーン」のイメージが強かったものですが、本機はエレクトーンではありません(まあミニ鍵盤のエレクトーンというのももし存在したとすれば相当レアだと思うのですが)。このDM-100は、サンプリング機能までも内包している超個性的な2段電子キーボードだったのです。
 
 
 上の写真だとそこそこの大きさに見えますが、実のところはなかなかコンパクトです(横幅約77cm)
 
 
 

DM-100概要

 2段ミニ鍵盤を搭載し、左右の手で簡単に別音色を弾き分けることが可能な電子キーボード。上鍵盤は32鍵、下鍵盤は49鍵となっており、いずれもミニ・スケールです。さらに同社のSK-1とほぼ同等のサンプリング機能(※上鍵盤のみ)まで装備。ステレオ・スピーカー内蔵であり、3方式での電源供給(ACアダプタ、乾電池、車のシガーライター)に対応していました。
 
 
 

上段鍵盤について

 音源部は、12種のプリセット・トーン内蔵で4音ポリフォニック。ピアノ、トランペット、ギター、パイプオルガンなどの音色が入っていますね。なおサンプリング性能は以下のようになっています。

サンプリング・レイト= 8ビット/9.38kHz
サンプリング・タイム= 1.4秒×2音色 もしくは0.7秒×4音色

 
 Max1.4秒ということらしいです。なおサンプルは本体内に4音まで記憶可能であり、エンベロープをかけたり、ループ、リバースといったエディットも可能となっています。エンベロープは6つ(スローアタック、スローディケイ、トレモロなど)の中から選択できるみたいですね。いわゆる “ワンショット”用途限定ですが、前述のエンベロープなどにより意外と使えると思います。
 
 
 サンプリングは、内蔵のマイク、もしくはリアパネルにある「LINE IN SAMPLING」端子から外部音声を入力して行います。
 
 
 

下段鍵盤について

 音源部は、20音色プリセット・トーン内蔵で10音ポリフォニック。下鍵盤だけでも様々な和音(コード)演奏に対応できるといった感じですね。
 
 
 なお下鍵盤でBASS音色を選んだ時には、鍵域の左側では「Wood Bass」、右側では「Slap Bass」の音色が自動的に割り当てられます。またPERCUSSION音色を選んだ際は、各鍵盤ごとに異なる打楽器音が割り当てられた「パーカッション・キット」になります。

 

スポンサーリンク

 

 

その他の機能について

 この時代のカシオトーンでよく見られた「カシオコード」も搭載していますね。これはCASIO独自の自動伴奏システムであり、指1,2本からでもコード認識が可能というものです。
 
 
 自動伴奏機能とは別に「オート・リズム」の機能もあります。様々なジャンルの全20種類のリズムが用意されており、リズムに合わせてメロディを弾いたりする際に楽しくやれるのではないでしょうか。
 
 
 

つぶやき的な

 珍しい2段ミニ鍵盤の電子キーボードということで今回記事として取り上げてみましたが、実はSK-1、SK-5、SK-8などのようにサンプリングまで楽しめるという、おもちゃと捉えるには中々あなどれない仕様になっていると思います。まー僕は実機を見たことも触ったこともないのですが。。
 
 
 ちなみに本機は海外での人気も高いらしく、レア度も相当とのこと。もし市場に出てきたとしても、オークション価格は「crazy prices」になる傾向が高いらしいです(笑)
 
 
 
 関連記事:「CASIO サンプルトーン SK-1 ~爆発的ヒットを記録したサンプリング・キーボード[1985年]
 

仕様
■鍵盤:上段32ミニ鍵盤、下段49ミニ鍵盤
■プリセット音色:
上段:12種(ピアノ、ビブラフォン、パイプオルガン、バイオリン、トランペット、フルート、クラリネット、ギター、他)
下段:20種(ピアノ、ハープシコード、ビブラフォン、ジャズオルガン、パイプオルガン、ブラス・アンサンブル、フルート、コーラス、ベル、パーカッション、エレクトリック・ピアノ、ファンキー・クラビ、ジャズギター、オルガン、アコーディオン、ストリングス、シンセ・リード、メタリック・サウンド、シンセ・アンサンブル、ベース[ウッドベース/スラップベース])
■トーン・バンク・サウンド:210
■サンプリング・トーン(上鍵盤のみ):4
■オートリズム:20種(ロック1,2、8ビート 1,2、16ビート 1,2、ディスコ1,2、ポップス1,2、スロー・ロック1,2、スウィング、サンバ、ボサノバ、ワルツ、レゲエ、タンゴ、ビギン、マーチ)

■スピーカー仕様:アンプ出力7W、径10cm(2個)

■外形寸法:765(W)×85(H)×319(D)mm
■重量:4.5kg(乾電池搭載時)

■発売当時の価格:49,800円
■発売開始年:1988年

 

関連記事および広告

関連記事および広告


-CASIO, 楽器・機材【Vol.〇〇】