キーボーディスト、脱初心者を目指す

ピアノ、シンセサイザー、オルガンとか鍵盤楽器もろもろ。関係ない記事もたまにあるよ

テキスト




ENSONIQ 楽器・機材【Vol.〇〇】

【Vol.132】ENSONIQ TS-12 ~TS-10の76鍵ピアノ・タッチ仕様[1994年]

2018/02/16

 今回ご紹介するシンセサイザーはエンソニックの「TS-12」です。76鍵盤仕様であり、61鍵の「TS-10」発売の翌年(1994年)に発売されました。なお基本機能についてはほぼTS-10と同じであり、決定的に異なるのはその鍵盤数だけと言っていいかもしれません。それでもTS-12を個別の記事にしたのは、然るに僕の個人的思い入れによるものです。。

 

ENSONIQ TS-12


 
 
 なので、TS-12の内部仕様(機能)については本ブログ記事「ENSONIQ TS-10 ~ワークステーション、だけどライブに良し!」をご参照頂ければ幸いです。本記事では主に鍵盤部に着目して話を展開していきたいと思います(といっても、ほぼ僕の回顧録的な文章ですが。。)

 

ENSONIQ TS-12(advertisement)
TS-12/エンソニックジャパンインコーポレイティド 雑誌広告より画像引用

 
 
 

TSシリーズ、概要のおさらい

 TS-10(61鍵)、TS-12(76鍵)はいずれも、ワークステーション(オールインワン・シンセ)として完成度の高かった同社のSD-1から基本性能を継承し、エフェクトなどを強化したモデルです。同時発音数は32音。
 
 
 またTS-12では標準で6MバイトのSIMMメモリーを搭載しており、同社のサンプラーASR-10/EPS16などの膨大なサンプル・データ(波形)をロードして使うことができます。
 
 
 

鍵盤部について

 同社のワークステーション「KS-32」と同じ76鍵のウェイテッド・アクション鍵盤を採用しています。TS-12は個人的によく弾いた鍵盤楽器の一つであり非常に思い出深いですね。
 
 
 関連記事:「ENSONIQ KS-32 本格ピアノタッチ・76鍵シンセサイザー
 
 
 ほどよいタッチの重さ、鍵盤のナチュラルな返り具合、押し込み(ストローク)の深さ、どれをとっても自分にマッチする鍵盤部でした。それら各要素のトータルなバランスも良かったのだと思います。この頃の電子ピアノやステージピアノ、ウェイト付きシンセ鍵盤、どの機種と比べても本機の右に出るものはなかったと記憶しています。(個人的には、ですよ)
 
 
 なおベロシティ・カーブはシンセ系とピアノ系の2系統が搭載されています。ピアノ系カーブにおいては、ゆっくりと鍵盤を押し切っても発音しないようになっています。この辺りも本物のアコースティック・ピアノに近いフィーリングになってますね。
 
 

 

 

補足・内蔵エフェクトについて

 TS-10の記事では文字数の都合上割愛した「エフェクト部」について記述しておきたいと思います。
 
 内蔵エフェクターは同社の「DP/4」を継承した高品位なもので、73個のエフェクト・アルゴリズムを搭載しています。複合系エフェクト(ディレイ+○○みたいな組み合わせ)が充実したという感じですね。
 
 
 個人的に思うには、エンソニックのそれまでの内蔵エフェクターは、タイプやアルゴリズムの数が若干少なく、ようやく本機で国産シンセにも見劣りしないエフェクト性能を備えた、という印象です。
 
 
 関連記事:「ENSONIQ DP/4(DP/4+) ~4系統完全独立のマルチ・エフェクト・プロセッサー[1992年]
 
 
 

つぶやき的な

 TS-10の記事でも書きましたが、この頃のエンソニックさんの音は非常にいいですね! バンド演奏時、個性の強い他パートの音に混ざっても、ちゃんと抜けてくる存在感を持っています。TS-12ではさらにタッチもいいので、音まで良く聴こえてくるという心理的錯覚もあったと思います(笑)
 
 
 なおTS-12の定価は358,000円となっていて、これはTS-10の定価(348,000円)と1万円しか違いがなかったんですよね。TS-12の方が半年ちょっとほど後発ということもありますが、この出来のいい鍵盤部をわずかな差額で手に入るということで、当時だったら(特にライブ派の人には)断然TS-12がおすすめでした! 自宅のピアノ練習用鍵盤として使ってもいい位です。
 
 
 TS-12は本体重量約25kgとそこそこの重さでしたが、まあTS-10も61鍵(シンセ鍵盤)のくせに16.8kgもあったし、TS-10/TS-12どちらにせよ、電車等でスタジオに運ぶのはちょっと無理がありました。。
 
 

仕様
■鍵盤:76鍵(ウェイテッド・アクション鍵盤)
■音源(ウェーブ・フォーム):254種類(6MB)
■最大同時発音数:32音(12パート・マルチティンバー)
■エフェクト:24ビット・カスタムDSP(73アルゴリズム)
■シーケンサー:分解能96、標準30,000音メモリー可能
■シーケンサー最大同時発音数:31音
■インターナル・メモリー:300プログラム/300パフォーマンス
■外形寸法:1282.7(W)×127(H)×396.9(D)mm
■重量:24.9kg
■発売当時の価格:358,000円
■発売開始年:1994年

 

関連記事および広告

関連記事および広告


-ENSONIQ, 楽器・機材【Vol.〇〇】