キーボーディスト、脱初心者を目指す

ピアノ、シンセサイザー、オルガンとか鍵盤楽器もろもろ。関係ない記事もたまにあるよ

AKAI 楽器・機材【Vol.〇〇】

【Vol.58】AKAI SG01k ~AKAIが出したGM音源・ハーフラックモジュール[1995年頃]

2018/03/09

 今回ご紹介する機材はAKAIの「SG01k」です。発売は1995年末頃。同社のハーフ・ラック音源モジュール「SGシリーズ」の中の一機種であり、本機はGM音源用モジュールとなっています。
 
 
AKAI SG01k 

 
 
 

SG01シリーズの共通仕様について

SG01シリーズには以下の3機種がラインナップされていました。
 

・SG01k(GM音源モジュール)
・SG01v(ビンテージ・シンセサイザー・モジュール)
・SG01p(ピアノ音源モジュール)

 
 どの機種も16ビット、最高44.1kHz、非圧縮(→つまりCDと同等)というハイ・クオリティでサンプリングされたサウンドを収録しています。 
 
 内蔵エフェクターは1系統のリバーブのみといたってシンプル。とはいえ30種類のバリエーションから選択することができ、リバーブ量も各パートごとに設定可能となっています。
 
 
 同時発音数は32音(内蔵リバーブを使う場合は30音)で、16パートのマルチティンバー音源でもあります。価格は3機種共通で39,800円でした。
 

AKAI SG01k(advertisement)
SG01シリーズ/赤井電機(株) 雑誌広告より画像引用

 
 
 

で、SG01kは?

 SG01kは、DTMを前提としたGM準拠の音源モジュールです。他の2機種(SG01v、SG01p)にはないHost端子(MIDIインターフェイスを介さずにパソコンと接続するための端子)を装備しています。
 
 
 ディスプレイは「7セグメント3桁のLED」(→3桁の電卓みたいな表示)なのではじめのうちは戸惑いかもしれませんが、そもそもGM音源の音色ナンバーは共通しているので、日ごろGMに慣れ親しんでいる人だったら割とスムーズに導入できたのかもしれません。
 
 
 

SG01kの音は?

 個人的所感ですが、本機のPCM波形は非常にクリアで、他社の音源と比べ音が立っていたように記憶しています。キーボードで単音色を手弾きしてみても大したことはなかったのですが、フルパートのシーケンス・データを走らすと音の鳴りが高品位で届いてきたのを覚えています。
 
 
 手弾きだと超絶技巧になりそうなピアノ曲なんかは、シーケンサーで鳴らした時の音源の違いが分かりやすかったですね。ピアノ音色は、個人的には “音源の顔”だと思っているので、その音色がよかったSG01kは僕的に合格点でした。
 
 
 サンプリング・ノウハウを長年蓄積してきた同社ならではの、サンプリング波形に対する「こだわり」・「プライド」みたいなものがあったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

「箱入り楽団」について

 このSG01kには、DTMに必要なオールインワン・パック「箱入り楽団」というセットも別に販売されていました(※カメオインタラクティブが販売)。これは、SG01k本体+シーケンスソフト「Vision 2.0J」+「SG01kエディター」というエディットソフトなどが1パックになったものです。
 
これまた低価格で、DTM人口の増加に一役買ったのではないではないかと思います。
 
 
 

個人的感想

 AKAIのDTM市場参入は、本機によってようやく本格的に名乗りを上げたという感じであり、他社に比べて若干出遅れた感は否めません。いわゆる90年代中頃のDTM(音源モジュール)市場は、既にRoland、YAMAHA、KORGの3社がシェアを握っており、それらの牙城に切り込むといった感じで、「低価格」「かつ高音質」という戦略に打って出たのかもしれません。
 
 
 僕が楽器屋店員をしていた時も本機を取り扱っていて、DTM派のお客はもとより、「セカンド音源を探している」ライブ派のお客にもよくお勧めしていました。
 
 
 そのお店では最終的に本機を新品価格で9,800円まで値下げしたので(!)、とりあえずいっぱい売れたDTM音源というのが個人的な思い出でもあります(笑)
 
 
 
 関連記事(アカイSG01シリーズ):
 「AKAI SG01p ~ハーフラック・ピアノ音源モジュール[1995年頃]
 「AKAI SG01v ~お手頃価格でビンテージ音色が手に入る?[1995年頃]
 

仕様
■音源方式:16ビット・リニア
■最大同時発音数:32音(リバーブ・オン時は30音)
■音色数:189メロディ・サウンド、  124リズム・サウンド
■エディット・パラメーター:SHAPE、TONE、SPECIAL、LEVEL、FX LEVEL
■MIDI端子:MIDI IN/OUT/THRU
■外形寸法:256.7(W)×43.7(H)×214(D)mm
■重量:1.4kg(ACアダプター含まず)
■発売当時の価格:39,800円
■発売開始年:1996年

 

関連記事および広告

関連記事および広告


-AKAI, 楽器・機材【Vol.〇〇】