キーボーディスト、脱初心者を目指す

ピアノ、シンセサイザー、オルガンとか鍵盤楽器もろもろ。関係ない記事もたまにあるよ

テキスト




BOSS 楽器・機材【Vol.〇〇】

【Vol.25】BOSS BX-4 ~便利に使ったコンパクトミキサー[1990年]

2018/02/15

 さて今回はBOSSの小型ミキサー・「BX-4」を取り上げてみます。発売は1990年。もちろん2016年現在は販売終了となっています。
 
 これは90年代、個人的に非常によく使いましたね。小規模なセッティングのライブとかによく引っ張り出して、僕が所有していた機材の中では当時稼働率NO.1を誇っていました(笑)
 
 

BOSS BX-4

 

BOSS BX-4(rear)
 
 
 
 ACアダプタ(BOSS PSA-100)は別売りですが、電池駆動(9V DC 006P ×1個)ができたので、ライブセッティング時は筆舌に尽くしがたいイージーさでした。まあのちにACアダプタも買ったけど。
 
 
 

特徴

・4chインプット、ステレオ(L/R)アウトプット
・GAINつまみ(LINE~MIC)、PANPOTつまみ装備。これにより簡単な調整も可能
・オーバーロード-インジゲーター(L/R)装備。ミキサー性能に対し、音量が大き過ぎた時に点灯 
 
 
 

姉妹機種(チャンネル数違い)

 BX-8(8ch)
 BX-16(16ch)
 
 

 

 

ひとりごと的な

 本機のようなパーソナルユース向けのコンパクトミキサーには、シンセなどのように「ヴィンテージ」といったものは一般にありません(ヴィンテージ・コンソールなどはあるかもしれませんが)。
 
 
 中古のミキサーは、各種パーツや接点が劣化しているだけのものが多いので、なかなかいい状態のものを探すのは難しいでしょう。
 
 
 安く手に入れて自力でオーバーホールする(接点復活材等使用)という手もありますが、近年だと性能がよく安価なミキサーが出回っていますので、できれば現行機種の新品ミキサーを買った方がよいと思います。
 
 

仕様
■入力レベル:-50~-10dBm(規定入力時)
■入力インピーダンス:1.5~100kΩ
■出力レベル:規定出力:-10dBm、最大出力:+8dBm
■出力負荷インピーダンス:10kΩ以上
■アウトプット:ステレオアウト、ヘッドフォンアウト
■外形寸法:約173(W)×51(H)×116(D)mm
■本体重量:450g
■発売当時の価格:12,000円(税別)
■発売開始年:1990年

 

関連記事および広告

関連記事および広告


-BOSS, 楽器・機材【Vol.〇〇】