キーボーディスト、脱初心者を目指す

ピアノ、シンセサイザー、オルガンとか鍵盤楽器もろもろ。関係ない記事もたまにあるよ

テキスト




過去のライブ 音楽

東京事変コピーバンドライブ回顧録 その2(映像あり) ~@名古屋・鶴舞DAYTRIP [2012年11月]

2018/02/19

 今回も僕が過去に行った東京事変のコピーバンド・『風来坊』からのライブ映像をアップしてみたいと思います。このバンドは今から数年前に名古屋市内で不定期に活動していた “東京事変のコピーのみ”のガチガチのコピバンですね。映像は2012年11月に行ったライブの模様です。
 
 
 今さら断ることでもないですが、下手な鍵盤を弾いてるのが僕になります。この時はどうやら3台持ち込んでいるみたいですね。ちなみに使用機材はピアノ(下段)がYAMAHA CP33で、オルガンおよびエレピ(上段)がNordElectro 3HP、さらにステージ正面に向かって設置してあるのが(シンセ系の)KORG TRITONだと思われます。
 
 
 関連記事:「YAMAHA CP33 ~シンプル・ステージピアノ
 
 
 

01 恋は幻(東京事変コピー)

 ネッド・ドヒニーの「Get It Up for Love」のカバーであり、東京事変のシングル「修羅場」のカップリング曲(2曲目)として収録された音源が元になっています。これは鍵盤的にはピアノ(→CP33)一本ですね。
 
 
 そんなことよりも、ゲストとして参加して下さった男性ダンサーさんがいい味出してます!(後半の微妙に合ってないシンクロダンスに注目 笑)。これは事変のミュージックビデオ集『ADULT VIDEO』にて、劇団ひとりさん(と椎名林檎さん)が演じていたダンスをコピーしたものです。
 
 
 

02 sa_i_ta(東京事変コピー) 

 アルバム『color bars』からのマニアックな選曲。ギターの彼がどうしてもやりたいとのことでやることになったと記憶しています。この曲の鍵盤はスペイシーなパッド音色だけですね。どうやらTRITONのフィルターをウネウネ開け閉めしてるだけのようです。。
 
 
 

03 ただならぬ関係(東京事変コピー) 

 シングルのカップリング曲を集めたアルバム『深夜枠』からの一曲。鍵盤はウーリッツァーっぽいニュアンスです。ダンサーだった彼が各メンバーにちょっかいを出す役割を演じていますが、これはアドリブだったと思います。。
 
 
 

04 夜明けのうた(東京事変コピー) 

 1964年に発表された岸洋子の名曲「夜明けのうた」を東京事変としてカバーした映像が元となっています(→この楽曲の演奏風景は、EMI Music Japanの公式YouTubeチャンネルおよびEMI TVにて公開された)。鍵盤としてはオルガンのみですね(→NordElectro 3HP)
 
 
 

05 今夜はから騒ぎ(東京事変コピー)

 アルバム『color bars』から。東京事変の解散が近付いている時期に配信され、その後よく練習した曲ということで個人的には非常に思い出深いですね。とはいえ演奏(特に間奏のピアノソロ)はまー酷い出来で、今見てもひどいですね(汗)。鍵盤的には右手でピアノパート、左手でオルガンパートを弾いています。
 
 
 この曲は途中で架空の紙幣をバラまくという、本家東京事変が行ったライブでの演出を丸ごと模倣しているのがポイント(笑)。ちなみにこの時の架空のお札のデザインは、メンバー(ドラマー)の萌ちゃんがオリジナルで手掛けたものです。みんなで手分けしてスパスパ切り分けたっけな。。
 
 
 

個人的かんそう

 うーん懐かしいですね。。今から5年前ですか。。正直このライブはあまり記憶になくて、久しぶりに見たらすごい新鮮でした。個人的には鍵盤3台も持ちこんじゃってスタジオ練習はさぞ大変だっただろうに俺、という感じ(笑)
 
 
 関連記事:「東京事変コピーバンドライブ回顧録(映像あり) ~@名古屋・鶴舞DAYTRIP [2012年1月]」 →同じメンバーで演った別のライブ映像(曲は総入れ替え)

 

 

関連記事および広告

関連記事および広告


-過去のライブ, 音楽