キーボーディスト、脱初心者を目指す

ピアノ、シンセサイザー、オルガンとか鍵盤楽器もろもろ。関係ない記事もたまにあるよ

テキスト




イタリア ショップ(楽器店) 音楽

フィレンツェの鍵盤楽器店再訪!(2017年5月) ~【Casa Musicale G.Ceccherini】

2018/02/19

 以前本ブログでも紹介したイタリア・フィレンツェの楽器店「Casa Musicale G.Ceccherini」に、2017年5月に再訪しましたのでその時の情報をお伝えしたいと思いますよ。
 
 
 このお店はフィレンツェの中心地からほど近い場所に位置しながら、広大な面積を持つ総合楽器店といったところです(入口は小さいけど)。特に鍵盤楽器が非常に充実しているという印象ですね。今回は機材写真もいっぱい撮ってきたのでいくつか紹介してみたいと思います。

 

Casa Musicale G.Ceccherini

こちらがエントランス。扉自体はさして大きくないのですがとにかく中が広いのです。
 
 

Casa Musicale G.Ceccherini

電子キーボード類の展示スペースの一部を撮影。
 
 

nord series

 もはやどのお店でも定番とも言えるnordシリーズの縦積み風景。上の画像では一番上段がnordlead4で、あとはelectroシリーズです。
 
 

STUDIOLOGIC Sledge

 WALDORFのシンセ・エンジンを積んだアナログ・モデリング・シンセ「STUDIOLOGIC Sledge」。PPG Waveのサウンドを選択できるという個性的な一台です。もちろん鍵盤部はFATAR社製。
 
 関連記事:「FATAR(ファタール) ~信頼の鍵盤メーカー
 
 

Casa Musicale G.Ceccherini

 MIDIコントローラー(鍵盤)の展示も多かったですね。M-AUDIOとARTURIAがほぼ二分していたという感じです。
 
 

Roland SYSTEM-8

日本でも普通に目にする「Roland SYSTEM-8」を発見。
 
 

YAMAHA MOTIF XS8

2007年に発売されたYAMAHA MOTIF XS8。プロ仕様のハイエンドモデルでした。
 
 

KORG Pa3X

 上段の見慣れない鍵盤は、おそらく日本では未発売だったと思われる「KORG Pa3X」。コルグさんの言うところのいわゆる “アレンジャー・キーボード(ワークステーション)”のカテゴリーの一台です。
 
 

KORG M50(yellow)

 KORG M50の限定イエローモデル。M50には他にも限定色でレッド、ブルーなどがありました。
 
 

ALESIS Ion

こちらは以前本ブログでも紹介した「ALESIS Ion」。

関連記事:「ALESIS Ion ~アレシス初のバーチャル・アナログシンセ
 
 

Casa Musicale G.Ceccherini

 ごく普通のアップライトピアノ・コーナーもありました。広い売り場面積ならではの豊富な品揃えです。
 
 

Casa Musicale G.Ceccherini

小型鍵盤、ガジェット類はこのようにショーケース内に収められていました。
 
 
 

個人的かんそう

 1年前に訪れた時と多少展示品が入れ替わっていたのですが、店構えというか店内の雰囲気は変わってなかったですね。店内は広く、店員さんに積極的に話しかけられることもないでしょうから、フィレンツェの中心地周辺に来たらちょっと中を覗いてみるのもいいと思いますよ。
 
 
 なお店は日曜定休で、お昼休みの時間帯(13:00~15:30)は行っても閉まっているので注意してください。
 
 
 関連記事:「フィレンツェで楽器屋といえばここよ! ~「G.Ceccherini & c.」
 
 
 
 
 
Casa Musicale G.Ceccherini
Via de' Ginori, 31R, 50123 Firenze,イタリア
+39 055 210031
営業時間:月~土 9:00 - 13:00、 15:30 - 19:30
定休日:日曜日

関連記事および広告

関連記事および広告


-イタリア, ショップ(楽器店), 音楽