キーボーディスト、脱初心者を目指す

ピアノ、シンセサイザー、オルガンとか鍵盤楽器もろもろ。関係ない記事もたまにあるよ

ヒント集 音楽

ケーブルで音が良くなる? ~キーボード専用ケーブル総ざらい

2017/12/25

 今回は、「キーボード専用ケーブル」についてお話してみたいと思います。
 
 そもそも『ケーブルに楽器別専用なんてあるの?』、本当に音良いの?という疑問を持つ人もいるかもしれませんが、特に音にこだわるギタリストさんとかに聞いてみると、違いは明白!みたいな答えが返ってくる場合が多いですね(個人的見解)。
 
 
 では現行のキーボード専用ケーブルについてちょっとみてみましょう。
 
 

Providence / キーボード用ケーブル K204 model

→ サウンドハウスで「Providence キーボード用ケーブル K204 model」の価格をチェック

 

2本セット長さ・プラグの組み合わせにより様々なバリエーション展開があります。キーボーディストが普段使いする目的では3mくらいが扱いやすいですね。ライブ用途としては5mもあれば安心です。以下は長さラインナップの一例(いずれも上記広告リンクから見つけることができます)
 
 
PH/PH-PH/PH S/L[BASIC] 1.0m

PH/PH-PH/PH S/L[BASIC] 2.0m
PH/PH-PH/PH S/L[BASIC] 3.0m
PH/PH-PH/PH S/L[BASIC] 5.0m
 
PH/PH-RCA/RCA S/S[BASIC] 1.0m
PH/PH-RCA/RCA S/S[BASIC] 2.0m
PH/PH-RCA/RCA S/S[BASIC] 3.0m
 
PH/PH-PH/PH L/L 5.0m
 
 
 

Providenceについての所感

 長さのバリエーションはもちろん、プラグのタイプ・バリエーションも多いですね。自身の環境に応じて最適に近いものを選べるので親切です。
 
 
 このK204モデルは、低音域をしっかりカバーしながらもギラつき過ぎない自然な高音域をカバーすることにより、サウンドに含まれているふくよかな倍音を伝達してくれます。
 
 
 これは僕も(前のモデルですが)使っていました。「Providence for Professional Keyboard model」という品名で、3m(ペア)で確か6,000円ほど。音の粒立ちがはっきりくっきりと聴こえてきて、通常のものと比較しても違いは明白でした。(その際ソースとして試したのはWurlitzer、KORG TRITON等)
 
 
 キーボード専用ケーブルとしては、このProvidenceは個人的にお勧めですね。価格も決して安くはないですが、ある程度ちゃんとしたアンプ・スピーカーで聞けば違いが分かりやすいので納得だと思いますよ。一張羅的な感じで(笑)1セット持っておいていいかもです。
 
 
 

Monster Cable(モンスターケーブル)/ M KEYB-12P

monster-cable-m-keyb-12p

 

ケーブル長:3.6m
参考価格:4,000円(税抜)前後 1本
 
 
 「モンスターケーブル」といえば、主にギター/ベース向け高級ケーブルの代名詞ともなっているブランドですが、実はキーボード向けのモンスターケーブルもあったんですね(※ただし2017年末現在ではほぼ販売されていない)。
 
 
 これは、シンセ、DSP関連機器、サンプラー等の使用を目的に、世界的なジャズプレイヤーのハービー・ハンコック氏監修のもとで開発されたそうです。デジタル機器から発生される高周波RFノイズに強い構造で、電子機器から出力される広帯域信号を減衰させることなく、リアルな音源の再生を可能にするそう。
 
 
 ハンコック御大! こんなところまで手を広げておられていたのですね。。ちなみにですが、モンスターケーブルの長さは「フィート」でラインナップされています。12FT(フィート)=約3.6mといった感じですね。
 
 
 

おまけ的な

 ACROTEC(※1)「Super Cable Musician For Keyboard 2KEY 8-20」

 
 90年代半ばに発売されたのですがこれは価格がすごかったですね。確か当時30,000円(3m)でした。キーボード専門雑誌にもカラー広告が載せられていました。
 
 
 
 
---

※1 アクロテック(ACROTEC)…現在のケーブルメーカー「アクロリンク」の前身。80年代末に「6N・ストレスフリー」を導体に採用した高級ケーブルを市場に投入。6Nとは純度が「99.9999%」の意味。

 

 

関連記事および広告

関連記事および広告


-ヒント集, 音楽