キーボーディスト、脱初心者を目指す

ピアノ、シンセサイザー、オルガンとか鍵盤楽器もろもろ。関係ない記事もたまにあるよ

テキスト




イタリア

フィレンツェにある現存する世界最古の薬局 ~サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

2017/10/04

 個人的に何かと縁のあるイタリア・フィレンツェには、現存する世界最古の薬局があるそうです。店の名前は「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局【Officina Profumo-farmaceutica di Santa Maria Novella】」。まあすぐ近くにサンタ・マリア・ノヴェッラ教会という有名な建物(広場)があるので、名前自体はあまりひねりがないですね(笑)
 
 
 こちらの薬局の起源は13世紀までさかのぼるそうで、今日までおよそ800年もの歴史を持つそう。13世紀というと、日本だと承久の乱とかが起こった鎌倉時代ですよ! 全くの余談ですが、最近は『いい国(1192)作ろう鎌倉幕府』という覚え方はあまりメジャーじゃないみたいですね(→1183年とか1185年という説も近年有力になってきているそうだから)。
 
 
 話を戻しましょう。今回は2017年5月に個人的にイタリア旅行に行った際、話のネタにということでちょっと立ち寄ってみたので、写真と共に簡単にレポートしてみたいと思います。なお情報は2017年5月現在のものです。

 

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

 こちらはサンタ・マリア・ノヴェッラ教会。ここから写真の向かって左側へ歩いてすぐです。
 
 

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

方向音痴の僕でも迷わず見付けることができましたよ!
 
 

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

こちらがエントランスです。入口は意外とこじんまりとしていますね。
 
 

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

中に入るとこんな感じ。薬局というにはおしゃれな作り。
 
 

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

 中に進むとようやくお店っぽくなってきました。とはいえまるでバーカウンターのようですね。もちろんお酒は置いてません。
 
 

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

 部屋はたくさんあって、メインの販売コーナーはこのような対面方式となっているようです。
 
 

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

貴族のお部屋のようなスペースも発見。
 
 

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

 棚やカウンターには小瓶がずらりと並べられていました。やっぱりバーカウンターみたい。
 
 

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

もはや薬局という感じではないですね。。ホテルのロビーのような雰囲気でした。
 
 

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

 

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

お薬っぽい小瓶もありましたよ。
 
 

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

 こんな感じでした。全体的には物を売っているという雰囲気は薄く、ショールームのようでした。
 
 
 

個人的かんそう

 「ここは本当に薬局なのか!?」というのが率直な印象。多少お薬っぽい雰囲気のコーナーもありましたが、大部分は香水や化粧品(コスメ)方面のアイテムだったと思います。そして部屋が多い! 空き空間も多い!(笑)
 
 
 となると、ジャポネーゼの中年男性が店内をカメラ片手にうろうろするのは超絶場違いというものです(汗)。僕は香水や化粧水方面の知識はほぼないため、写真についての解説も中身の無い感じになってしまいました。。ううごめんなさい。
 
 
 ただ、同様に “観光目的”で訪れたであろう中国人のおじさんグループなんかにも遭遇したりして、お店も観光されることを意識した作りになっていると感じました。フィレンツェに行くことがあったら、話のタネに立ち寄ってみるのもいいと思いますよ。
 
 
 
 
 
サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局【Officina Profumo-farmaceutica di Santa Maria Novella】
Via della Scala, 16, 50123 Firenze FI, イタリア
+39 055 216276
営業時間: 9:00 - 20:00

関連記事および広告

関連記事および広告


-イタリア