キーボーディスト、脱初心者を目指す

ピアノ、シンセサイザー、オルガンとか鍵盤楽器もろもろ。関係ない記事もたまにあるよ

イタリア ピアノ

フィレンツェの食材(お土産)探しはここで大抵なんとかなる! ~Mercato Centrale Firenze

 イタリア・フィレンツェには観光エリアからほど近い位置に「中央市場(Mercato Centrale Firenze)」があり、地元(と思われる)人や外国人観光客が多く訪れるスポットとしても知られています。
 
 
 生鮮食品だったらほぼ何でも揃うし、入っている店舗も多いためちょっとしたお土産選びに使ってもいいですね。日本人スタッフも居るショップもあったりして、英語やイタリア語が苦手な人でも買いやすいのがGOODだったりします。
 
 
 実はここの2階には、誰でも自由に弾けるピアノも置かれています(2017年5月現在)。実に本ブログ向けな市場じゃないですか~(笑)

 

Mercato Centrale Firenze

 こちらが中央市場(メルカート・チェントラーレ)の外観。スーパーマーケットではなく市場ということで、中には多種多様な食料品店が数多く入っています。
 
 

Mercato Centrale Firenze

 こちらが入口。扉には館内禁煙みたいなことが書かれていますね。タバコはここで消しましょう。
 
 

Mercato Centrale Firenze

 店内を探検してみましょう。このお店はいかにもヨーロッパっぽい肉の塊がぶら下がっていますね。プロシュットでしょうか。
 
 

Mercato Centrale Firenze

 こちらは青果を取り扱うお店。イタリアのトマトはこのようにボコボコしているものが多いのですが、品種にもよるのでツルンとしたトマトもあったりします。
 
 

Mercato Centrale Firenze

 何かの足(ひづめ)肉です。多分豚。このような “そのまんま”の形の塊肉が普通に売られているのもイタリアならでは。
 
 

Mercato Centrale Firenze

 ここは何てことないお店なのですが、『温ワインあります!!』の日本語が気になったので撮影。
 
 

Mercato Centrale Firenze

 ここでも日本語(カタカナ)発見! 実はここのショップには日本語ペラペラの親切な店員さんが居て、気さくに日本語で声を掛けてくれます。個人的には、時期を異にしてここには何度か立ち寄っており、お土産の相談なんかも乗ってもらってます。
 
 

Mercato Centrale Firenze

 2階に上がってみましょう。このフロアは日本で言うところのフードコートみたいな感じになってます。
 
 

Mercato Centrale Firenze

お店で買った軽食などをその場で食べられるといった感じですね。
 
 

Mercato Centrale Firenze

 そして “誰でも弾けるピアノ”もありましたよ! 実際ちょこっと弾いてみたのですが、旅行ですっかり練習を怠っていたのであまり指は動きませんでした。。
 
 

Mercato Centrale Firenze

 ボードの上に書かれているのがイタリア語で、下が英語ですね。意味は同じだと思います。実際何が書かれているかは解読してみてください(笑)
 
 

Mercato Centrale Firenze

2Fのフード・ショップには美味しそうなものがいっぱい並んでいます。
 
 

Mercato Centrale Firenze

美味しそう。。
 
 
 

まとめ的な

 そんな感じで、何も買う用事がなくウィンドウショッピングをするだけでも十分この市場は楽しいと思います。添乗員付きのパックツアーだったとしても、“フィレンツェで2時間自由行動”なんて時間が設けられていたならば、こういった活気のある場所に行くのもいいと思いますよ。美術館とか教会とかばっかりだと飽きるじゃないですか(笑)
 
 
 なお “フィレンツェで自由にピアノが弾けるスポット”といえば、以前本ブログでも紹介したフィレンツェ駅地下もありましたね。このように音楽に親しむ場が多く点在するのはイタリアならではといった感じです。日本でももっと設置してもいいのにね。
 
 
 関連記事:「フィレンツェ駅地下にてピアノを弾いてみた

 
 
 
 
Mercato Centrale Firenze
営業時間:8:00~24:00

関連記事および広告

関連記事および広告


-イタリア, ピアノ