キーボーディスト、脱初心者を目指す

ピアノ、シンセサイザー、オルガンとか鍵盤楽器もろもろ。関係ない記事もたまにあるよ

BOSS 楽器・機材【Vol.〇〇】

【Vol.9】BOSS SP-303 ~ハンディ・ワンショット・サンプラー[2001年]

2018/03/20

 今回はサンプラー・BOSS SP-303のお話です。前機種(SP-202)に引き続き「Dr.Sample」なんて書かれていますね。発売は2001年で当時の価格は38,000円でした。
 

Roland SP-303

 
 
 ライブのオープニングSEとか、各種効果音とか出したいと思い僕も買いました。いわゆる「ワンショット・サンプラー」としての使用ですね。シンセに入っていないような音でも、何でも取り込んで簡単に再生できるのが強みです。
 
 
 SP-202に引き続き本機種も、DJのための+α音源としての用途が主で設計されたのかな? 基本設計(機能)はそのままに大幅にバージョンアップしている感じです。
 
 
 関連記事:「BOSS SP-202 ~「Dr.Sample」DJ向けコンパクトサンプラー[1997年]
 
 
 

SP-202からの変更点

 表面素材が以前のプラスチック一体成型からシルバーメタリックとなり、高級感というか未来感が出ていますね。つまみも増えリアルタイム操作性も高まってます。
 
 
 またサンプリング周波数の最高音質がCD並みに上がっています(31.25→44.1kHz)。さらに内蔵のエフェクトは、SP-202から大幅増の全26種類となっていて、DJユースを意識した「アイソレーター」(→DJプレイでよく使われるEQの一種)や、「LO-FI」(→ローファイな音にする)などを備えているのが特徴ですね。
 
 
 目新しい機能としては、サンプルにエフェクトをかけた後に “その音のまま”再度サンプリングできるという「リサンプリング機能」。それらの内部処理は全てデジタルなので、音質劣化の心配なく行えるわけですね。

 

スポンサーリンク

 

 

サンプルの取り込み・外部記録メディアについて

 サンプルの取り込み・編集も一応本体のみでできますが、結構難しいです。大型液晶表示ではないので、記号のようなパラメータ名を解読して作業しなくてはいけません。取扱説明書をちゃんと読んで慣れなければいけませんね。
 

Roland SP-303

私物のSP-303

 
 
 僕は、波形編集はパソコン側でwavにて行い、メモリーカード経由で本体に流し込むという使い方をしていました。
 
 
 インターフェースは主に8つのパッドからなります。インターナルではA/Bバンクの2つに分かれているので、実際は16のサンプルを(本体のみで)扱えるということです。
 
 なお 押す強さは関係ないです。このパッドが結構反応が良くて、軽く指を置くだけでも発音したりします。2回同時に押したり、隣りのを押しちゃうなんてよくあること。若干コツがいります。
 
 
 でもって記録メディアが「スマートメディア」。スマメですよ! 時代を感じさせますねー。同メディアといえば2005年頃に生産がほぼ終了し、容量は最高128MBどまり。本サンプラーだと8~64MBバイト(3.3V仕様)のみ使用可能です。以下、サンプリングタイムを記してみましょう。
 
 
 
 
■最大サンプリングタイム

本体メモリー↓

STANDARD LONG LO-FI
約31秒 約63秒 約3分10秒

 
メモリーカード(スマートメディア)↓

容量 STANDARD LONG LO-FI
8MB 約4分 約8分 約25分
16MB 約8分 約16分 約50分
32MB 約16分 約33分 約101分
64MB 約33分 約66分 約202分

 
 あと、データロードには結構時間が掛かったりします。ライブで使う人においては、セッティングを組み立てる際、真っ先に電源を入れてロードを始めてください。1曲目に間に合わなくなります(笑)
 

 

 

思い出的な 

 思い出すに、昔のサンプラー(ENSONIQのESPシリーズとか)って、演奏前にデータを読み込ませるために、大量のフロッピーディスクを入れ替えるのが風物詩だったなぁ。スマートメディアなら入れ替えない分まだいい方か。。
 
 
 余談ですが、本機の後継機種・SP-404は「Roland」になってるんですよね、BOSSとRolandの厳密な違い(製品カテゴリーの線引き)は今でもよく分かりません。。
 
 
 
 関連記事:
 「BOSS SP-202 ~「Dr.Sample」DJ向けコンパクトサンプラー[1997年]
 「Roland SP-404(/SP-404SX) ~サイズ感・パッドの操作感が秀逸なデスク…
 

仕様
■最大同時発音数:8

■インターナルメモリー:サンプル16(8サンプル×2バンク)、パターン16(8サンプル×2バンク)
■メモリーカード(スマートメディア):サンプル16(8サンプル×2バンク)
■サンプリング周波数:STANDARD=44.1kHz、LONG=22.05kHz、Lo-Fi=11.025kHz
■パターンシーケンサー:
 最大記憶音数 インターナルメモリー=約7,500音
        メモリーカード(スマートメディア)=約7,500音
■内蔵エフェクト:26種

■外形寸法:170(W)×67(H)×241(D)mm
■重量:0.85kg(付属ACアダプタ除く)
■発売当時の価格:38,000円
■発売開始年:2001年

 

関連記事および広告

関連記事および広告


-BOSS, 楽器・機材【Vol.〇〇】