キーボーディスト、脱初心者を目指す

ピアノ、シンセサイザー、オルガンとか鍵盤楽器もろもろ。関係ない記事もたまにあるよ

テキスト




CASIO 楽器・機材【Vol.〇〇】

【Vol.223】CASIO CK-500 ~キーボードにラジカセが付いちゃった!?[1984年]

2018/02/23

 今回紹介するキーボードは珍品中の珍品ですよ。CASIOが1984年に発売した「CK-500」というとてもハイブリッドな一台です。当時の販売価格は79,000円。
 
 本機は見てわかるようにキーボード+FM/AMラジオ+ダブルカセットデッキという構成になっていて、若い人から見れば『なんじゃこりゃ!』とツッコまずにはいられない異彩さを放っていると思います。そもそも今の10代とかって、カセットテープ自体知らないという人も多いのでしょうが。。

 

CASIO CK-500

 

 僕は80年代を思春期真っ只中で過ごしたので、「あーそういえばこんなのもあったなぁ~」と実はさほど驚いてないです。当時はラジカセ+テレビという「ラテカセ」なんてのもありましたしね。とりあえず合体させちゃうのがトレンドだったのかもしれません。
 
 
 本機CK-500はよく分からない部分も多々あるのですが、とりあえず僕が知る範囲で色々書いてみましょう。
 
 
 

CK-500・キーボード部

 49鍵ミニ鍵盤を搭載した8音ポリフォニック・キーボード。プリセット音色はオルガン、ピアノ、ハープシコード、フルートなど全12種類。自動伴奏リズムはロック、ポップス、ディスコ、サンバなどこちらも全12種。なおこの頃のカシオトーンでよく見られた「カシオコード」も装備していますね。鍵盤を1~2本押すだけで簡単に自動伴奏が付けられるというものです。
 
 
 

エフェクトについて

エフェクトというといささか大げさですが、以下が搭載されています。
 
 ビブラート …スイッチによりVIBRATO/DELAYED VIBRATOが選択可能。もちろんOFFも可
 サステイン/リバーブ …スイッチによりSUSTAINとREVERBのどちらかを選択可能
 
 
 

入出力端子について

 本体にはステレオ・スピーカーが内蔵されていますが、リアパネルにはLINE OUTがL/Rで装備されており、外部のスピーカーなどにも出力可能です。ヘッドフォン端子やマイク端子などもあったりして意外と充実してますね。まあラジカセだから当然といえば当然かも。なおMIDIは未実装です。
 
 
カセットデッキ部

CASIO CK-500(casette)

 いわゆる “ツインデッキ”であり、カセットテープのダビングができます。テープカウンター("000"とか)が付いてるのは便利ですね。もちろんカセットデッキのみを使用することも可能。
 
 
ラジオ部分

CASIO CK-500(radio tuner)

 AM/MW/LWに対応したラジオチューナーを内蔵。MWというのは一般的なAMのことで、LWというのはヨーロッパやロシアなど一部の国と地域で使われている長波放送のことらしいです。あと伸縮アンテナが搭載されていますね。カセットを聴く時でも、意味なくこのアンテナを伸ばすのが当時の少年の間ではトレンドでした(笑)
 
 

 

 

つぶやき的な

 当時の「オールインワン思想」の下に誕生したと思われる超個性的な本機ですが、テープ(の音)に合わせてキーボードで練習という実用的な使い方もできたかと思います。また、おそらくですがキーボードの演奏もカセットに録音できたんですよね??(この辺りは未確認ですが、ラジオ⇒カセットの録音は一般的だったし、本機でも鍵盤⇒カセットの内部録音ができてもおかしくないはず。。)
 
 
 だとしたらちょっとしたデモ・テープ作りに重宝されたかと思うのです。また伸縮アンテナをライブ中に伸ばして、「ウソテルミン」として観客を欺くのも楽しそう。。それっぽく手をかざすのがポイントです(笑)
 
 
 

余談的な

 まあCK-500はまだキーボードが主役という雰囲気が伝わってくるのでいいのですが、姉妹機の「CK-200」にもなると、完全にラジカセが主役となっていますね。もはや意味不明です。。これら “キーボード・ラジカセ”がどれ位売れたのかとかはさておき、当時のカシオさんのアイディア力には関心させられます。
 

CASIO CK-200

 

 

仕様(CK-500)
■鍵盤数:49鍵(ミニサイズ)
■プリセット音色:12種(ORGAN、PIANO、HARPSICHORD、FLUTE、FUNNY、PIPE ORGAN、ELEC.PIANO、VIBRAPHONE、HORN、COSMIC TONE)
■内蔵リズム:12種(ROCK、POPS、DISCO、16BEAT、SWING、LATIN SWING、BOSSA NOVA、SAMBA、BEGUINE、TANGO、WALTZ、SLOW ROCK)
■発売当時の価格:79,000円
■発売開始年:1984年

 

関連記事および広告

関連記事および広告


-CASIO, 楽器・機材【Vol.〇〇】