キーボーディスト、脱初心者を目指す

ピアノ、シンセサイザー、オルガンとか鍵盤楽器もろもろ。関係ない記事もたまにあるよ

AKAI 楽器・機材【Vol.〇〇】

【Vol.156】AKAI Remix88 ~DJ Phrase Sampler [1997年]

2018/03/09

 今回紹介する機材は、アカイが1997年に発売したモバイル・サンプラー「Remix88」です。当時の価格は59,800円(税抜)。本機発売の1年位前は「REMIX16」という類似の製品がリリースされたのですが、その機能を削りコストダウンを図ったのが本機という感じです。

 

AKAI Remix88


 
 
 関連記事:「AKAI REMIX16 ~アカイが作った変化球サンプラー for DJ [1995年頃]
 
 
 当時、本格的サンプラーとは別市場とも捉えられていた「小型(DJ向け)サンプラー」のカテゴリーですが、これでヤマハ、ローランド、ボス、アカイ(本機)など、各社の製品が出揃ったというところでしょうか。まあ本機Remix88は他社と比べてちょっとデカいのですが。。
 
 
 
 関連記事:
 「YAMAHA SU10 ~リボンコントローラー装備のコンパクト・サンプラー[1995年]
 「Roland MS-1 ~気軽に使えるハンディ・サンプリング・マシン[1994年頃]
 「BOSS SP-202 ~「Dr.Sample」DJ向けコンパクトサンプラー[1997年]
 
 
 

REMIX16からの変更点(省略点)

 パネル上を見ると、「クロスフェーダー」、「ピッチ・コントロール・スライダー」、「コントロール・スライダー」が根こそぎ無くなっています。大胆にもDJユースならではの部分をばっさり削っているのですが、DJではないいわゆるシンセユーザー向けに裾野を広げたとも言え、サンプラーとしての機能に特化したとも言えます。
 
また、(REMIX16ではオプションで取り付けることができた)SCSIも省略されています。
 
 
 

サンプラーとしての基本スペック

 サンプリング方式は「16ビット・リニア」でステレオ・サンプリングも可能。サンプリング周波数は32kHz、16kHz、8kHzの3つから選択可能で、16ビット・ステレオ・サンプリング機能を搭載しています。この辺りの数字はREMIX16と同じですね。サンプリング・タイムは、モノラルの32kHzで約14秒、モノラルの8kHzで約56秒となっています。
 
 
 なお標準メモリは1MBと減っていますが、汎用の72ピンSIMMが使用でき、比較的安価で(最大)17Mバイトまで増設できたので悪くないと思います。ちなみに17Mバイトまで増設した場合は、モノラル32kHzで約262秒のサンプリングが可能になります。
 
 
 作成したサンプルは、本体に標準搭載されている3.5インチFDDによりフロッピーディスクに保存ができますね。
 

AKAI Remix88(advertisement)
Remix88/赤井電機(株) 雑誌広告より画像引用

 
 
 

アカイ製他機種との互換性 

 メーカーからのアナウンスによると、REMIX16、S01、S1000シリーズとのデータ互換性は確保されているとのことでした。実際は、当時の世界標準的サンプラーだったS3000XLシリーズでも問題なく読めることが多かったですね(※ただし全てのS3000のデータが読めるとは限らないので参考までに)。
 
 他メーカーの類似機種と比べ、3.5インチFDDを標準装備しているという点は非常に大きかったと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

16個のパッド

 8列×2行構成に変更されたパッドには、作成したフレーズ・サンプリングなどを割り当て可能です。なお本パッドは、同社のMPCに採用されたゴムパッドではなく単なるプラスチック製スイッチボタンですね。MPCの感覚でリアルタイムでグルーヴ感を出したいと思っている人は要注意です。
 
 
 

BEAT LOOP FUNCTION機能

 録音したサンプルの長さからBPM(テンポ)を自動的に計測し、そのBPMを変化させることにより2つ以上のフレーズ・サンプルのピッチ(音の高さ)を簡単に合わせられるという機能です。これはREMIX16にも搭載されていましたね。
 
 
 

個人的かんそう

 マルチティンバーにも対応していることから、DTM向けのMIDI音源としてや、キーボーディストがライブでの飛び道具的に使ったというケースもあったと思います。
 
 
 なにぶん廉価モデルなので、44.1kHzに対応してないとかパラアウトがないとか不満を漏らしてはいけませんよ(笑)。低価格だったし、DJユースという縛りから外れたことで色々な使い方もできたかと思います(サブ的なポジションで)
 
 
 
 関連記事:
 「AKAI S1000(/S1000HD/S1000PB) ~ステレオサンプリングに対応した…
 「AKAI S01 ~10万円を切るお手頃・イージーサンプラー[1992年]
 「AKAI REMIX16 ~アカイが作った変化球サンプラー for DJ [1995年頃]
 

仕様
■最大同時発音数:8音
■サンプリング方式:16ビット・リニア・エンコード(※ステレオサンプリング可能)
■サンプリング周波数:32kHz、16kHz、8kHz(※16kHz、8kHz、4kHzにリサンプリング可能)
■録音時間:14秒(モノラル・32kHzサンプリング時)、56秒(モノラル・8kHzサンプリング時)
■内蔵メモリ:標準1MB(SIMM増設可能。最大17MB)
■シーケンサー:1シーケンス、4トラック
■データ保存:3.5' FDD
■外形寸法:290(W)×65.5(H)×204(D)mm
■重量:2.0kg
■発売当時の価格:59,800円(税抜)
■発売開始年:1997年

 

関連記事および広告

関連記事および広告


-AKAI, 楽器・機材【Vol.〇〇】