キーボーディスト、脱初心者を目指す

ピアノ、シンセサイザー、オルガンとか鍵盤楽器もろもろ。関係ない記事もたまにあるよ

AKAI 楽器・機材【Vol.〇〇】

【Vol.57】AKAI SG01v ~お手頃価格でビンテージ音色が手に入る?[1995年頃]

2018/03/09

 今回ご紹介する機材はAKAIの「SG01v」です。発売は1995年末頃。コストパフォーマンスの高い同社のハーフ・ラック音源モジュール「SGシリーズ」の中の一機種ですね。末尾の「v」は「ヴィンテージ」の頭文字です。
 
 
AKAI SG01v
 
 
 

SG01シリーズの共通仕様について

SG01シリーズには以下の3機種がラインナップされました。
 

・SG01k(GM音源モジュール)
・SG01v(ビンテージ・シンセサイザー・モジュール)
・SG01p(ピアノ音源モジュール)

 
 どの機種も16ビット、最高44.1kHz、非圧縮(→つまりCDと同等)というハイ・クオリティでサンプリングされたサウンドを収録しています。ハーフラックというコンパクト形状なので単なるプレイバック音源と思われがちですが、フィルターやモジュレーションなどを使用したシンセサイズも可能となっています。
 
 
 内蔵エフェクターは1系統のリバーブのみといたってシンプル。とはいえ30種類のバリエーションから選択することができ、リバーブ量も各パートごとに設定可能となっています。
 
 
 同時発音数は32音(内蔵リバーブを使う場合は30音)で、16パートのマルチティンバー音源でもあります。価格は3機種共通で39,800円でした。
 
 
 

で、SG01vは?

 SG01vは、往年の名機の音色を手軽に楽しめるビンテージ・シンセ音源となっています。音色名を見れば “あのシンセのあの音色”というのが一目瞭然なのですが、いかんせんディスプレイは「7セグメント3桁のLED」(→3桁の電卓みたいな表示)なので、はじめのうちはマニュアルの参照が必須になってきます。
 
 
 操作パネルも非常にシンプルで、慣れるまでは非常に苦労しますが、一旦慣れてしまえばスムーズな操作も可能です。なによりこの低価格なので致し方ないところですね。
 
 
 

SG01vの音は?

 各波形は実機からサンプリングしてあるそうで、実際、“音色のニュアンス”は本家とかなり近いものがあると感じていました。元々AKAIは「Sシリーズ」などで膨大な音色ライブラリーを持っており、選りすぐった音色を非圧縮で収録してあることから、音質に関する部分はハイクオリティだったと思います。
 
 
 音色はシンセ/ベース/キーボードなど11のカテゴリーに分けられ、それぞれ特定の機種を連想させるような名前が付けられています。各機種の代表的な音を、あえてフィルターを通しレゾナンスなどもかけたままサンプリングしてあるものも多かったですね。
 
 
 とはいえレゾナンス付きデジタル・フィルターも内蔵しており、素の波形もそのまま入れてあるので、自分で一からシンセサイズすることも可能です。なおRhodesやWurlitzerの音色は残念ながら入っていません。

 

スポンサーリンク

 

 

個人的感想

 非常にAKAIらしい、クリアで全体的に乾いた印象のサウンドだったと記憶しています。この価格なので、もちろん実機の音の存在感・操作感を求めるのは酷な話なのですが、手軽に追加できるサブ音源としては重宝されたのではないでしょうか。
 
 
 

おまけ的な

 ちなみにSG01k(→本機の姉妹機)には、DTMに必要なオールインワン・パック「箱入り楽団」というセットも別に販売されていました。これは、SG01k本体+シーケンスソフト「Vision 2.0J」+「SG01kエディター」というエディットソフトなどが1パックになったものです。
 
 
 実はこの「SG01kエディター」を流用すれば、SG01vでもMac上で音色エディット可能だったのです(※ただし音色名はGMのものになってしまう)。そんな裏技があったとは当時は知りませんでした。
 
 
 そもそも最初からエディターソフトを無償ダウンロード可にしてくれたらよかったのに。。といっても当時はそこまで時代が追い付いていなかったのですね。
 
 
 
 関連記事(アカイSG01シリーズ):
 「AKAI SG01p ~ハーフラック・ピアノ音源モジュール[1995年頃]
 「AKAI SG01k ~AKAIが出したGM音源・ハーフラックモジュール[1995年頃]
 

仕様
■音源方式:16ビット・リニア
■最大同時発音数:32音(リバーブ・オン時は30音)
■音色数:256シンセサイザーサウンド、 2セット・ドラムサウンド
■エディット・パラメーター:SHAPE、TONE、SPECIAL、LEVEL、FX LEVEL
■MIDI端子:MIDI IN/OUT/THRU
■外形寸法:256.7(W)×43.7(H)×214(D)mm
■重量:1.4kg(ACアダプター含まず)
■発売当時の価格:39,800円
■発売開始年:1996年

 

関連記事および広告

関連記事および広告


-AKAI, 楽器・機材【Vol.〇〇】