キーボーディスト、脱初心者を目指す

ピアノ、シンセサイザー、オルガンとか鍵盤楽器もろもろ。関係ない記事もたまにあるよ

AKAI 楽器・機材【Vol.〇〇】

【Vol.44】AKAI S612 ~アカイ・サンプラー「S」の元祖[1985年]

2018/03/08

 今回ご紹介する機材は、AKAIのサンプラー「S612」です。発売は1985年。同社のサンプラーシリーズとして長きにわたって販売された「S」シリーズの、トップバッターを飾った記念すべき機種です。ちょっと内容を見てみましょう。

 

AKAI S612

 
 なお「サンプラー」そのものに関する説明は割愛ぎみに話を進めさせて頂きます、ご了承下さい。
 
 
 

発売当時の背景

 1985年の初頭頃、ポリフォニック・シンセサイザーが20万円台で買えるようになってきた時代に、サンプラーの最安値は300万円台と、まだまだ一般の間で使われるのは難しい時代でした。

 そこで同年にエンソニック社は「ミラージュ」という(鍵盤付き)サンプラーを約40万円という低価格で発売。それをきっかけに他社からもいくつかの廉価なサンプラーが発表され、80年代後半にもなるとサンプラー戦国時代のような時代に突入していきます。
 
 
 関連記事:「ENSONIQ Mirage (DSK-8) ~「幻想」ではない、黎明期サンプラーのロー・コスト・モデル[1985年]
 
 
 

S612の発売は?

 エンソニック「ミラージュ」の後発として(とはいえ店頭に並んだタイミングとしてはほぼ同時期)、AKAIより「S612」が発売されました。本体価格は168,000円と、ミラージュのさらに半分以下の価格です。
 
 
 なおS612本体内にはディスクドライブが内蔵されておらず、専用の「MD280」という外付けドライブが別途用意されていました。これにより、エディット後のデータをメモリーできます。
 
 ちなみにこのMD280ですが、価格は54,800円。メディアは「2.8インチ・クイック・ディスク」を採用しています。MD280でストアできる音は、ディスク1枚につき2音までとなっていました。
 
 
 というわけでS612は実質上、ワンセット222,800円といったところでしょうか。それでも十分お安く、一般人でも手の届く価格帯だったといえます。

 

スポンサーリンク

 

 

音質とかは?

 「MAX32kHz、12bit、サンプリングタイム最大8秒」であり、当時のミラージュのスペック「30kHz、8bit、サンプリングタイム2秒」に比べると数字的にも上回っています。「2秒」と「8秒」の差は大きいと個人的には思います(→ただし8秒の場合は最もローファイなモード)
 
 
 ちなみにS612という何ともキリの悪そうな型番ですが、これは「12ビット(サンプリング)でも6ボイス」という意味が込められているそうですよ。
 

AKAI S612(advertisement)
AKAI S612&MD280/赤井電機(株) 雑誌広告より画像引用

 
 
 

その他装備

 もちろん原音の再生だけではなく、サンプリング音にシンセサイザー的効果をつける「エディット&モジュレーション機能」、異なった音を次々と重ねてサンプリングできる「オーバー・ダブ機能」も装備。シーケンサーやリズムマシンを接続し、サンプリング音による演奏も楽しむことができます。
 
 
 

個人的つぶやき的な

 当時は、海外の有名ミュージシャンがサンプラーを随所に使用した曲を作っていたりして、「(サンプリングの)手法自体は知ってる」という人は多かったと思います。しかしサンプラーなんて数百万円もする超高嶺の花、とても庶民には手が届かない。。それがこの比較的お手頃価格で販売されたということで、ちょっと無理してでも買ったという人は少なくないと思います。
 
 
 AKAIお得意の「高品位サンプル・ライブラリー」が充実するのはまだまだ先のことですし、当時のサンプリング少年は「録音可能なウォークマン」とかを片手に町中を歩き回り、踏切の音や、歩行者信号のメロディなどを、嬉々として録音していたのかもしれません(笑)
 
 
 
 関連記事(AKAIサンプラーSシリーズ):
 「AKAI S900 ~世界中に広まったアカイ・サンプラーの定番機[1986年]
 「AKAI S1000(/S1000HD/S1000PB) ~ステレオサンプリングに対応した…
 「AKAI S1000KB ~S1000のキーボード版(S1000 Ver2.0の補足もあり)
 「AKAI S01 ~10万円を切るお手頃・イージーサンプラー[1992年]
 「AKAI S2000 ~AKAIとMacの強力タッグ!?サンプラー[1995年]
  

仕様
S612
■サンプリング方式:12ビット
■サンプリング周波数:4~32kHz

■サンプリングタイム:1~8秒
■ボイス/レンジ:6ボイス/5オクターブ

■外形寸法:482.6(W)×88.1(H)×205(D)mm
■重量:6kg
■発売開始年:1985年

■発売当時の価格:168,000円

MD280
■記憶媒体:2.8インチ・ディスク

■記録容量:片面1音色(A,B面合計128KB)
■電源:S612より供給
■重量:3.7kg
■発売当時の価格:54,800円

 

関連記事および広告

関連記事および広告


-AKAI, 楽器・機材【Vol.〇〇】